Ma petite pièce de grenier

小さな屋根裏部屋

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150118

2015年が始まって半月が過ぎましたね。


マイペースになりますがこちらのブログも綴ってゆきたいと思います。
(前回ブログを書いたのが去年の8月でした・・・)

今年もどうぞ宜しくお願い致します。







先日はとても懐かしい人との再会がありました。




今は無き、中野の名曲喫茶「クラシック」




IMGP7798.jpg



宝物の「クラシック」のマッチ








かれこれ18年ほど前、私はSERAPHIMの洋服を作りながら大好きな喫茶店、井の頭公園のカフェ宵待草、阿佐ヶ谷の名曲喫茶ヴィオロン、そして中野の名曲喫茶クラシックでアルバイトをしていました。
クラシックには6~7年間ほど居たでしょうか。


IMGP7837.jpg




画像はDVD「美作七朗と中野クラシック」より





一緒に働いていたHちゃんとは時々会っていたのですが、Hちゃんを通してNさんと再会。

16年ぶり!



とっても懐かしくて・・・




16年ぶりなんて感慨深いわ、と思いながら話をしているうちにあっという間にあの頃に戻ったような、何も変わっていないような、タイムスリップしたような不思議な感覚でした。







IMGP7834.jpg





「クラシック」自体がかなり個性的な喫茶店でしたがママさんも個性的、スタッフもみんな個性的。

多分、各自それぞれが(自分が一番まともだわ・・・)と思っていたはず(笑)

そして常連さんも変わった人が多くて。

いろんな意味ですごい場所だったなぁと改めて思います。

大好きな空間でクラシック音楽を聴きながらのバイトは働いているという感覚はあまり無く、
自分の第二のお家のような感覚でした。

今でもノイズまじりのレコードの音、ドアを開ける音や軋む床の音、テーブル席にカップや灰皿を置く音や感触を覚えています。

珈琲と煙草と、どこかホコリっぽい店内の香りも・・・



IMGP7842.jpg



かけがえのない時間。









ちょうど最近、SERAPHIMの昔の作品撮りの写真などを整理していたので、その頃の事を思い出していた矢先だったので
何だかシンクロしているなぁと思ったり・・・


クラシックで撮影した作品撮りの写真もあるので近いうちSERAPHIMサイトでもご覧いただけると思います。





IMGP7844.jpg




2005年1月31日に幕を閉じた中野「クラシック」の空気は今、高円寺にある名曲喫茶「ルネサンス」に受け継がれています。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。